マンションは「上下階の遮音」がとても重要になります

マンションは「上下階の遮音」がとても重要

マンションや賃貸アパートで、よく住民トラブルになるのが騒音問題です。特にマンションは、上下階に音を伝えやすい構造のものが多く、お互いに気を使わなければいけない問題です。

マンションの場合は、お互い様のつもりで、まずは自分の部屋が騒音を出すもとにならないように考えるのが最初です。

マンションはコンクリートで作られるわけですが、このコンクリートはとても高い遮音性を持っています。ですが、その一方で固体音を上下に伝える媒介にもなっています。

マンション住まいで、隣の部屋より、上下の部屋の音が気になるのはこのためです。

ですが、マンションの工事となると大変です。そもそも賃貸であれば、床材の工事を行うわけにもいきません。

それではどうやって防音対策をするのかというと、最もよく使われるのは、カーペットです。カーペットなど、柔らかな素材を敷くことで、床材に対して振動を抑制する方法です。

自分の生活音の振動、スリッパで歩いたり、子供が飛び跳ねたり、物を落としてしまったりする音を建物になるべく伝えない為には、吸音が効果的ですから、この方法は最もお手軽なものとなります。

ただし、こうした配慮はあくまでもお互い様でやっていることですから、上の階の住人が気を付けてくれない場合は自分で対処しなくてはなりません。

つまりは天井に対して、防音対策を行う事になります。もちろんこれも賃貸ではできませんから、この場合は、住民同士、話し合うしかなさそうです。

住まいの種類によって防音・遮音の方法は違う

一戸建ての壁の防音・遮音

一戸建ての壁の防音・遮音をじっくり考えてみよう

一戸建ての窓の防音・遮音

一戸建ての窓の防音・遮音をじっくり考えてみよう

壁・窓のバランスや換気扇なども注意が必要

一戸建ては、壁・窓のバランスや換気扇なども注意が必要

二階家の床の防音のポイント

二階家の床の防音のポイントは、下に音を通さないこと

二階家の水まわり防音のポイント

二階家の水まわり防音のポイントは、排水管から考える

マンション立地により必要な遮音性能は変わってくる

マンション立地により必要な遮音性能は変わってくる

Category

  • 住まいの「音」についてきちんと考えてみよう
    • まずは音の科学的性質を知ろう
    • 音には空気を伝わる音と、固体を伝わる音がある
    • 住まいの周囲の音とはどんなものがあるか?
    • 柔らかい材質は吸音し、重い材質は遮音する
    • 住まいの遮音性能とはどういうことか?
    • 窓や開口部から入ってくる外部の音をシャットアウトする
    • 床の衝撃音など住まい内部の音を抑える
  • 住まいの種類によって防音・遮音の方法は違う
    • 一戸建ての壁の防音・遮音
    • 一戸建ての窓の防音・遮音
    • 壁・窓のバランスや換気扇なども注意が必要
    • 二階家の床の防音のポイント
    • 二階家の水まわり防音のポイント
    • マンションは「上下階の遮音」がとても重要
    • マンション立地により必要な遮音性能は変わってくる